麒麟がくるのオープニング

 べたな話題ではありますが、今日は、大河ドラマについてであります。

 言うまでもなく、今年の大河ドラマは、“麒麟がくる”であり、主役は、明智光秀(長谷川博己)で、今までは、脇役でありましたが、光秀は、こんな生き方だったのかと勉強にもなっております。

 それはさておき、大河ドラマで、いつも思うのですが、それは、オープニング曲と映像の質の高さであります。

 “麒麟がくる”の音楽を担当したのは、ジョン・グラム。私は、オーケストラのことは詳しくもなく、音楽の才能もありませんが、インパクトのある曲であり、質の高い曲であると感じております。そして、映像も良く、曲と映像がマッチした重厚感が、さすがNHKというイメージであります。

- YouTube
Thưởng thức video và nhạc bạn yêu thích, tải nội dung do bạn sáng tạo lên và chia sẻ nội dung đó với gia đình, bạn bè cũng như mọi người trên YouTube.

 ちなみに、私が、大河ドラマで、最初に、毎週観るようになったのは、“黄金の日々”であります。本日、“麒麟がくる”で今井宗久(陣内孝則)が出て来ましたが、“黄金の日々”は、堺を主にした話で、今井宗久を丹波哲郎が演じておりました。また、光秀の娘である細川ガラシャを“黄金の日々”では、島田陽子さんが演じておりました。“麒麟がくる”では、明智光秀と細川藤孝との関係が描かれているので、光秀の娘が、細川家に嫁ぐのも….という感じですね。

 

 私は、“麒麟がくる”をBSP(18時から)で観ております。実は、三女が、“麒麟がくる”が怖い!と申しておりまして、20時から観るのは避けている次第です。もしかしたら、オープニングの曲と映像で、怖がってしまっているのかもしれないですね。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました